今日もいい日♪

沖縄→横浜→渋谷→沖縄(←今ここ) WEBグラフィックの職業訓練校に通っています!今日もいい日にしたいと願う台湾大好き“タン”の独り言♪

【職業訓練】Illustrator認定試験向け覚書♪ 画像解像度編

f:id:kyoumoiihi:20161121210844j:plain

こんにちは!タンです♡

今日も、Illustrator認定試験の知識問題のお勉強をしたので

復習のまとめとして書いていきます。

 

 

 

画像の種類について

画像解像度について

画像解像度が高ければ高いほど、きめ細かい画像になるがデータ量は大きくなる。

スクリーン線数について

  • 印刷物はスクリーン線数(出力線数)で細かさを設定。
  • 線数はlpi(line/inch)で表す。
     新聞:60〜85lpi
     上質紙:100〜150lpi ←基準値として覚える!
     コート紙:150〜200lpi

 印刷の場合、出力線数の2倍で設定する。

  ex. コート紙 175lpiの場合、2倍の350ppiで設定。

 

ラスタライズについて

ベクトル画像をビットマップ画像に変換すること。

パスが複雑なオブジェクトを扱いやすく出来る。

  • WEB用:72ppi
  • 印刷用:300ppi

Illustratorの オブジェクト → ラスタライズ でビットマップに変換。

効果 → ラスタライズ だとベクトルを保持したまま、ビットマップに変換。

 

以上、画像解像度の知識でした!

広告を非表示にする