今日もいい日♪

沖縄→横浜→渋谷→沖縄(←今ここ) WEBグラフィックの職業訓練校に通っています!今日もいい日にしたいと願う台湾大好き“タン”の独り言♪

【職業訓練】Photoshop認定試験向け覚書♪ ファイル形式編

f:id:kyoumoiihi:20161123163931j:plain

こんにちは!タンです♡

今日は、Photoshopで扱うファイル形式についてまとめてみました。

 

 WEB用画像の形式

JPEG

  • 色数が多いので写真などを扱うのに適している
  • 圧縮できるが、圧縮率が高いとノイズが発生する

GIF

  • 色数256色
  • ロゴやイラスト向き
  • 減色すると色が変わってしまう場合もあるが、その場合ディザ処理で軽減できる
  • 画像の一部を透明化できる
  • GIFアニメーションを作れる

PNG

  • フルカラー、アルファチャンネルをサポート
  • JPEGやGIFに比べてデータサイズが大きくなってしまう
  • 不透明が使える

 

DTP用画像の形式

PSD

  • Photoshop標準のファイル形式
  • ほぼ全ての情報を保存できる
  • EPSやTIFFに比べてデータサイズが大きくなる
  • 互換性を優先をONにして保存すると、PSの下位バージョンでもドキュメントが使用できるが、ファイルサイズがより大きくなる

EPS

  • PostScriptをベース
  • 低解像度プレビューも一緒に保存
  • クリッピングパスが使用できる

TIFF

  • 色んなソフトで対応できる
  • CMYKに対応
  • 印刷物の入稿データとして利用されている
  • EPSと同じようなデータなのでEPSを使う人が多い

PDF

  • どんなプラットフォームでもレイアウトを崩さず表示できる
  • PDF/X形式で保存したものは入稿データとしても利用できる

PSB

  • 2GB以上の大きいファイルや30,000px以上の画像を保存する形式

CameraRAW

  • 生データと言われるもの
  • RGBよりも広い色調
  • 修正がし易い
  • RAWデータを補正して出力することを「現像」という

 

以上、ファイル形式のまとめでした♡

広告を非表示にする